東日本大震災での点検・調査に関して

先般の、東日本大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。また、被災された方々、ご家族の方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。皆さまのご健康と、一日も早い地域の復興をお祈り申し上げます。



建築に携わる者として、先般の震災における数々の津波の映像は、本当にショックでした。
本当に人間は自然の猛威の前ではちっぽけな存在だと言う事を思い知らされました。震災で家を失われた方々には慰めの言葉もありません。しかし、被災された皆さんが気丈に耐えている姿は心を打たれました。
同時に改めて家の大切さを痛感しました。雨露がしのげるだけでなく、自分のプライバシーが守られる場所がないと、人間は安心して暮らす事が出来ない事を。
これからは家そのものも丈夫な物が求められますが、同時に災害が起こりにくい土地を探し、作る事も重要だと思いました。
そしてその家に末永く、安心して住める、そんな家作りが本当に必要なのだと思いました。

今回の地震の後、私は職人さんと一緒に、我々がカルセラを施工した物件を一軒一軒点検、お見舞いに伺いました。
お陰様で、私達が施工した所は、全く不具合はありませんでした。あの液状化現象が激しかった舞浜地区にあるお宅にお邪魔した時も、タイルに少々のヒビはありましたが、剥離や脱落は全くありませんでした。時期を見て、改めて補修に伺う予定です。
また、埼玉で施工した物件のお施主様には、「下地をしっかり作ってくれたお かげで家はびくともしなかった。このリフォームをしなかったら壁は崩れていたかもしれないね」と嬉しいお言葉を頂きました。改めて、手間と時間をかけて じっくりと仕上げる、自分達の施工方法は間違っていなかったと思いました。

私達は外壁タイルリフォームのエキスパートです。ですから施工には自信がありました。そうは言っても、今回の大震災では何らかの不具合もあるかも知れないと内心では思っていました。でも、結果としてはほとんど何もなかった事は、非常な喜びでした。これもしっかりと施工してくれた職人さんと、私達を信頼して施工を依頼して頂いたお施主様との信頼関係のたまものだと強く思いました。